カテゴリー
未分類

ラジオ通販は意外と人気って知ってました?

ラジオ広告に対して、どうイメージしますか?ドライブ中にラジオを聞いていたら、ラジオ通販をやってい立という事もあるでしょう。
民放ならAMやFMを問わず、ラジオ番組の合間にはテレビ番組と同様に通販のCMがあったりしますよね。

アトラジオ広告の中には、プログラムとして商品を紹介したりすることもあります。

ラジオ番組の司会者とそれ以外の出演者が、「今月のお薦め商品は人気の○○」「健康の■■の悩みなら、◎◎は知っていますか?」などと商品を紹介します。

あるときは、広告主企業の担当者へのインタビューも交えて、商品の魅力を引き出していきます。

ラジオショッピングというのは、ラジオ放送を媒体として放送されるショッピングプログラムのことで、通信販売の一つの形です。日本国内においては、民放ラジオ局のワイド番組の中に挿入されるか、独立した番組として放送されるショッピング番組のことです。このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社が1973年に開始したのが初まりです。

ラジオ通販はラジオというメディアなので、テレビや印刷物と異なり、実物の商品をイメージが確認できません。
そこで、販売元あるいは商品のメーカーの信用力や評判もラジオショッピングを利用するときの注意点です。

通販会社の利事としてラジオショッピングは、TVショッピングよりも、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものとちがうことはある」と納得しているためなのか、注文した商品が着いた時に、「頼んだ商品とちょっとちがう」というようなクレームが少なくテレビショッピングより返品に至ることは少ないといわれています。

ラジオショッピング運営企業も、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできる利点があることから、誰もが知っている大企業や地方の中小企業まで、スポンサー通販の企業業態は多様です。

ラジオ通販は昔から始まった通信販売の一つです。
主に商品の紹介は、番組のパーソナリティなどによって行われます。
比較的短い時間に商品が紹介されます。

ラジオパーソナリティの言葉や話し方によって商品の印象が左右されてしまうこともあります。

なのでラジオ通販は実際の商品を見て注文したい人には向いていません。ですが、注文した人の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文し立という人もいます。

ラジオショッピングの特性として、ラジオ局自身またはグループ企業によって行なうラジオショッピングは、あつかう商品には局ごとに特性の違いがあるが、相対的にどの局も手広く扱っています。
実例としてはパソコンやデジカメ、加湿器、エアコン(標準の取り付け込み)のように大小の電化製品から、高級時計、ジュェリー、衣料品、松葉ガニやブランド牛肉などの食品、仏壇までも取り扱われたりします。今やそんなラジオショッピングのほとんどはスポンサー通販が占めています。
スポンサー通販においても、家電・精密専門主体の通販会社と、美容・健康関連の商品が主体の通販会社があります。最近ではネット通販やテレビの通販で、多種多彩な商品を購入している人がよくあるでしょう。

その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。ラジオを聴くことは最近ではないという人もいるみたいなんですが、通販でお買い得商品を見つけたい人は一度、ラジオショッピングもお薦めです。

ラジオショッピングでは、商品については聴くだけなので、手に取るようにイメージがわき紹介の商品が目に見えるように感じられます。ダイレクトに魅力が伝わるんですね。仕事や家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、時間を無駄にせず買い物できることも魅力です。12月になると、おせち理の予約のラストスパートです。

ラジオの通販コーナーでもおせちの紹介が多くなります。

私は数年前からラジオショッピングで紹介されていたおせちを予約します。

人気とされているおせちは、さほど変わりはないと思いますよ。

だからでしょうか、特典を付けてつけることで他との違いを出そうとしています。
年末年始の期間を海外で過ごす人もいると思います。

昔とくらべ海外旅行はごく普通になりましたが、繁忙期は高いです。

最近はハワイにしても、韓国にしても、言葉には不自由しなくなりました。でも細かい事なんかは、難しいになります。そんな心配を解決するのが、ラジオの通販で買った携帯翻ワケ機なんですね。通信販売とは、小売業態の内の無店舗販売の一つです。実店舗ではなく、媒体を利用して品物をアクセスした消費者から注文をうけます。今ではネット端末の普及にともない「通信販売」はウェブ販売によるものを指すことがあります。昨今の通信販売業者は、カタログ販売専門のような無店舗業者だけでなく多種多様です。日本の民間ラジオ局のほとんどは、ネットワーク組織に属していて放送網が形成されています。AMはジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。

さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の全国FM連合があります。(全民放FM局が参加)ですが、JFLとMegaNet、全国FM連合は他の放送網とくらべ、同ネットワークとしての関係は密な関係ではありません。

情報のやりとりや一部番組の販売、不定期での共同キャンペーンを行なうだけとなります。
エアコンは使うことが少ないのですが、指すがに気温が40度ともなると、もう耐えられませんね。

しかし、エアコンを使うとどうしても電気代が気になります。
ラジオショッピングで言ってましたが、最新のエアコンは省エネでないといけないようで、日中5時間つけっぱなしで電気代は約10円ほどのようです。ラジオ通販のエアコンに買い替えようか検討中です。

当初はラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピングが一般的でしたが、近年はラジオ業界の広告収入減に伴って、現在はスポンサー通販が増えてきています。そもそもラジオショッピングは、民放のラジオ局あるいはグループ企業により行われるものと番組のスポンサー企業などが、商品販売のための広告主による通販とに分けられます。はぴねすくらぶラジオショッピング@nack5で紹介されてたあの商品をチェック!