カテゴリー
未分類

ラジオショッピングの歴史と近況

ラジオの広告に、どのようなイメージがありますか?ドライブ中にラジオを聞いていたら、ラジオでも通販の広告があるのはご存知ですよね。民放ならAMやFMを問わず、番組の合間にテレビ番組と同様に通販のCMがあったりしますよね。
またラジオ広告にはもう一つ、番組で商品を紹介するものもあります。
その番組のパーソナリティや出演者が、「今流行りの商品は○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」などと商品を紹介します。

時には広告主の企業のその商品担当者も出演したりと、商品を買いたくなる気もちに働聴かけます。

我が家でもエアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)はめったにつけないのですが、指すがに真夏日がつづくと、もう耐えられませんね。

しかし、エアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)を使うとどうしても電気代が気になります。
ラジオショッピングで言ってましたが、最新のエアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)は省エネでないといけないようで、新しいエアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)は1時間つけっぱなしで2円ほどの電気代です。10年前のエアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)から最新のエアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)に買い替えようか検討中です。

初めの頃のラジオショッピングは、民放ラジオ局やその関連企業が放送するラジオショッピング番組が一般的だったのですが、ラジオ業界の広告収入の減少により、現在では、広告主通販が多くなっています。

ラジオショッピングは、民放ラジオ局自体かそのグループ企業が放送するものと外部の通販会社などが、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。

ラジオ通販ではメディアの特長上、TV通販の映像やカタログなどの印刷物と異なり、商品を目で見ることができません。

そのため、販売元や商品の製造元の信用力や評判がラジオ通販では大事なことです。ラジオショッピングは昭和からラジオでしている通信販売の一つです。

一般的に商品紹介は、ラジオパーソナリティが行ないます。

比較的短い時間に商品が紹介されます。ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方によりその商品のイメージがわいてきます。ですのでラジオ通販においては、実際に紹介商品を見て購入したいのならあまり向いていないのではないでしょうか。ただ、購入者の中には、よく聴いている番組のパーソナリティに紹介されたので購入に至る人も少なくありません。本日ではネットの通販やテレビの通販で、どんなものでも買う人が増えてきています。他に「ラジオ通販」もあります。前にラジオを聴いたのはいつだったか?という人もいるでしょうが、通販で買い物するのが好きな人なら、ラジオのラジオショッピングもいいものがありますよ。
ラジオショッピングなら聴いているだけなので、とても分かりやすく商品の使い心地を説明してくれます。
ダイレクトに魅力が伝わり、欲しいものが見つかりやすいです。
しごとや家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、時間を有効に使うことができます。年末年始の期間を海外に行くという人もいるのではないでしょうか?ハワイに行くのはごく普通になりましたが、繁忙期は高いです。

今はハワイにしても、グアムにしても、外国語が話せなくても不自由はないのではないでしょうか。

それでもトラブルがあった時には、外国人には伝えにくいものです。

そんなときの為に便利なのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻訳機なんです!ラジオショッピングは、ラジオの放送をとおして流されるショッピング番組で、通信販売の一形態となっているのです。
日本の場合は、民放ラジオ局の番組中に挿入されたり、ショッピングプログラムとして別の番組として放送されます。

そんなラジオショッピングは、文化放送の関連会社が1973年(昭和48年)に開始したことが始まりです。

通信販売というのは、店舗をもたない小売業態のことです。

実際の店舗ではなく、メディアを使って物品をそれぞれの通信手段で注文を受けることです。
今ではネット端末の普及にともない通信販売(通販)といえば、WEBサイトでの販売によるものをいうことがあります。
今の通販業者は、実店舗をもたない業者だけでなく種々雑多です。師走は、おせち料理の予約をしなければなりません。
ラジオショッピングでもおせち料理の予約をせかされますね。
(笑)家では毎年おせちはネット注文しています。

大きな会社のおせちは、さほど変わりはないと思っておりますよ。だから、特典を付けて差別化をしようとしています。ラジオショッピングの特徴は、ラジオ局自身またはグループ企業によって放送するラジオショッピングは、商品構成にその局ならではの色が出るが、どの局もジャンルは手広く扱っています。事例として、PCやデジカメ、エアコン(家庭用のものを特に、ルームエアコンと呼ぶこともあります)、空気清浄機など大小の電化製品から、貴金属や産地直送品、仏壇からお手洗いのリフォーム請負までもあったりします。

今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。

スポンサー通販といっても、ジャパネットたかたのように電化製品の専門的傾向のところと、美容・健康関連品が主体のところがあります。

日本の民間ラジオ局の大抵は、ネットワーク組織に属していて放送網が形成されています。

AMはジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。

なお、NHK-FM・放送大学を除する全民放放送が参加している全国FM連合があります。
しかし、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合については、ネットワークとしての関係性は密ではありません。

情報の交換に番組の一部販売、不定期での共同キャンペーンを行なうだけとなっているのです。

ラジオショッピングが通販会社にとって都合がいいのは、テレビショッピングより、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものと違うことはある」と納得しているためなのか、注文した商品が着いた時に、「頼んだ商品とちょっと違う」などといったトラブルは少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。
ラジオショッピングを行っている企業としても、テレビ放送とくらべると少ない予算で行なえる長所があることから、大企業をはじめ地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。快適生活ラジオショッピングベイFMオンエアー商品